殻を破らせる社員教育の秘訣

第10回

あらゆる研修は付け焼き刃研修に過ぎない。足りないものとは?

別役慎司 2017年2月14日
 
株式会社ASCEND FEATHER代表取締役の別役慎司です。
今回は、研修を違う角度から分析します。

研修は、階層別に「新入社員研修」「若手社員研修」「リーダーシップ研修」「管理者研修」などが用意されているのが一般的で、あとは職業別・部門別などの区分による研修があります。
これらはテーマが特化されていて、例えば「部下への叱り方研修」だったり、「新任管理者のための面談研修」だったりします。

このようにビジネスシーンに合わせて、テーマが特化された研修が人気なのですが、裏を返せば「付け焼き刃研修」です。
新入社員になった→ビジネスマナーをやらなきゃ
部下を持つようになった→部下との接し方研修を受けなきゃ
プレゼンが控えている→プレゼン研修をやらなきゃ
という風に、その都度付け焼き刃研修をやらなくてはいけません。

ここでの問題点は、
①そのビジネスシーンのみに役に立つ
②ビジネスシーンの変化とともに研修を数多くこなさないといけない
③金がかかる
④ビジネス以外でほとんど役に立たない

どうしても、付け焼き刃であっても、ビジネスの世界で生きている以上、ビジネスのことを学び、修練を積むということは大切なことですが、なにかもっと理想系はないのか?と思いませんか?

ぼくはこんな図を見せます。



一般的な研修は、地表の「標準的ビジネススキル」と「専門スキル」です。
特化されていて、そのビジネス、そのビジネスシーンでないと効果を発揮しません。

一方で、「ヒューマンスキル(人間力)」というものがあります。
これは人間が本来持っている力なので、どんな階層だろうが、どんな職業だろうが、
ビジネスでもプライベートでも関係なく発揮できます。

このヒューマンスキルを高めてしまえば、いくつも付け焼き刃研修を受けなくても対応が出来てしまうし、研修を受けたとしてもそれをより高いレベルで実践化できます。
何度も何度も研修費を投下する必要はありません。
プライベートも変わってきます。
退職した後も、残ります。

どうしてこのヒューマンスキルを伸ばす研修を行わないのか?

その理由は、
①目先のことばかり見ている
②その発想自体がなかった
③どうすればいいのかわからない

研修会社が提示している中に「ヒューマンスキル」と打ち出しているものもありますが、まったくヒューマンスキルではなく、ビジネススキルの範疇から出ていません。
どうすれば、鍛えられるのかがわからないのです。

ぼくが教えるビジネスインプロ研修は、ヒューマンスキルを伸ばすことが出来るメソッドです。
それは、元々俳優トレーニングであったことに理由があります。
俳優は、感情・集中力・エネルギー・コミュニケーション力・声・姿勢・想像力などを必要とします。そうです、これらがヒューマンスキルです。
ビジネスだろうが、プライベートだろうが、どんな時代だろうが変わらないスキルこそがヒューマンスキルです。

皆さんは、こども時代に「遊び」のなかで、それらを磨きました。
遊びには、特化されたテーマなどありませんでした。
ビジネスという殻の中で、目先のことばかり見るようになり、本当に大切なものが見えなくなっているのです。
 
 
 このコラム筆者のe-ラーニング講座開講中! シアタースタイル プレゼンの3つの流儀  ビジネスの成功のために重要なプレゼンスキルを劇的にレベルアップするだけでなく、
あなたの人生を大きく変えてしまうほどの力を秘めた
「シアタースタイルのプレゼン術」、そのエッセンスをここに凝縮!

プロフィール

株式会社ASCEND FEATHER
別役慎司 (べっちゃくしんじ)

劇作家・演出家・俳優訓練トレーナー・俳優・研修講師・引き寄せの法則専門家
財団法人JBS日本ビジネスセミナー協会認定研修講師

1975年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒、日本大学大学院芸術学研究科修士課程修了。
日大在学中に劇作家のキャリアをスタートさせ、1994年には神奈川県演劇脚本コンクールにおいて最年少で第一席に。
大学院在籍時、海外派遣制度にて選抜されロンドン大学ロイヤルホロウェイ校に留学。
世界最前線の俳優訓練法や演出法を研究して帰国、以来、スタニスラフスキーシステム、シアターゲーム、インプロヴァイゼイションといった世界標準のメソッドを提供している。
大原高等学院、劇団ひまわり、東京アニメーションカレッジ専門学校、VANZ ENTERTAINMENTなどの外部講師も歴任。
現在はSTONEψWINGS アクティングスクール校長、株式会社ASCEND FEATHER代表取締役、FEATHER IMPRO ACT PROJECT代表として、俳優指導を行うかたわら劇団活動にも力を注ぎ、脚本・演出・出演をすべてこなす。
また子供たち対象の演劇教育にも造詣が深い。世界の俳優訓練法をビジネス教育や一般教育に応用した新分野を開拓し、インプロトレーニングやスピーチ・プレゼン指導を積極的に展開している。
研修講師として登壇したり、自社セミナーを行うほか、人前で自信をもって話せるために「スピーチクラブ」を設立し、主宰をつとめている。
著書の「誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本」(CCCメディアハウス)はアマゾンベストセラーランキング総合1位を獲得した。

同じカテゴリのコラム

コラム検索