コラム

新着コラム

好評連載中のコラム

落藤 伸夫の 新時代に入った中小企業金融支援。あなたは資金調達できますか?

新時代に入った中小企業金融支援。あなたは資金調達できますか? 落藤 伸夫

 中小企業経営者のお悩みベスト3は売上と人材教育、資金繰りだと言われています。本コラムは特に「資金調達」にスポットライトを当ててお送りします。中小企業が資金調達を考える時に、中小企業金融政策のことを忘れることはできません。資金調達の難易度だけでなく、どうやれば調達できるかは、政策の動向によるところが大きいからです。皆さんもご存知のように、2016年7月に「中小企業等経営強化法」が施行され、中小企業・小規模事業者そして中堅企業等に対して「経営力向上計画」を作成するよう推奨されています。このことが何を意味しているのか?実は今、中小企業金融政策は大きな転換期を迎えています。新時代に入ったといっても過言ではありません。このことは、今までのやり方が通用しなくなる可能性があることを意味してい...

宮川 則子の 女性は人生を踏まえて起業する

女性は人生を踏まえて起業する 宮川 則子

 前回のコラムを書いてから、3年の月日が経ちました。当時は本業の「音楽」について書きましたが、今回は本筋の起業した「女性」の立場で、自身の人生と照らし合わせながらコラムを綴ります。

アタックスグループの 知恵の経営

知恵の経営 アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開しているアタックスグループが連載するコラムです。

実島 誠の IT新時代に士業経営者がするべきこと

IT新時代に士業経営者がするべきこと 実島 誠

 クラウドツールを組み合わせながら活用していくスキルが今後は重要になってきます。これから業種ごとなど、事業者である顧客をクラウドサービスで囲い込んだプラットフォームが500はできるといわれています。そうしたプラットフォームと連携して仕事ができるかどうかが、これからの士業において重要な課題になってくると思います。専門家のサービスを必要とするプラットフォームが、これから新しく生まれてきます。そこに、これからの士業のチャンスがあると考えています。

伊勢 隆一郎の 意外と知られてない?…国も後押しする女性起業の実態とは?

意外と知られてない?…国も後押しする女性起業の実態とは? 伊勢 隆一郎

 意外と知られてない?…国も後押しする女性起業の実態とは?

上田輝彦の 多言語化を制するものがグローバル化を制する

多言語化を制するものがグローバル化を制する 上田輝彦

 グローバル化の新たな局面を解説するとともに、その波に乗る、あるいはその波に呑み込まれないための方法論を、事例を交えながら論じる

大谷 由里子の 講師のホンネ

講師のホンネ 大谷 由里子

 フジサンケイビジネスアイの紙面にて大谷由里子氏が執筆

木村 健太の 税理士のトリセツ

税理士のトリセツ 木村 健太

 「一家に一人医者と税理士」と言われる時代税理士が身近かにいるとどんないいことがあるのか税理士の使い方をお話しします 

中村 亜弓の たかがデザイン、されどデザイン。ちょっとしたスパイスであなたの資料、変わります!

たかがデザイン、されどデザイン。ちょっとしたスパイスであなたの資料、変わります! 中村 亜弓

 皆さんが普段使いするパワポやワードに対するデザインのワンポイントアドバイスをしようと思います「たかがデザイン、されどデザイン。ちょっとしたスパイスであなたの資料、変わります!」

矢萩大輔の ダイバーシティ新時代のES組織変革

ダイバーシティ新時代のES組織変革 矢萩大輔

 人事制度を取りまく社会環境が今までとはがらっと変わりました。その変化のキーワードは、“ダイバーシティ”と“人間性尊重(ES)”です。弊社が業界に先駆けてESに関わる書籍を世に出したのが2005年。あれから十数年で大きく変化したと感じています。それは、男性中心・残業も厭わない正社員主体の人事制度から、多様な人材の多様な働き方、個人のライフスタイルと融合した価値観を重視した新たな“はたらくカタチ”を人事制度へと反映していくということです。

大竹 啓裕の 「後半戦起業」で人生が変わる・・・ストックビジネスで勝ち続ける

「後半戦起業」で人生が変わる・・・ストックビジネスで勝ち続ける 大竹 啓裕

 長寿社会での人生設計は、前半戦と後半戦に分けて考えたほうがいい。江戸時代は14歳~16歳で嫁入りが普通で18歳は年増と言われたそうですが、その時代の平均寿命は50歳以下だったわけですからこれも不思議なことではないです。

落藤 伸夫の ドラッカーから起業を学ぶ

ドラッカーから起業を学ぶ 落藤 伸夫

 ドラッカーが教える経営の真髄を、立上げ期から企業の成長に沿って学んでいきます。ドラッカーを学びながら起業した筆者の体験をもとにしたお話も織り交ぜていきます。

杉本幸雄の ネット販売で成功するためのノウハウ

ネット販売で成功するためのノウハウ 杉本幸雄

 ネットショップは、マーケットが「全国」に拡大します。受注時間も24時間365日とチャンスを広げます。 だから、ネット通販は、今のあなたの売上げを一桁も二桁も、またはそれ以上にも大きくする可能性がある『成長産業』なのです。今、ネット通販ビジネスを「難しいから」「やったことがないから」と縮小したり、撤退したりするのは、時代に逆行しています。チャンスをみすみす逃しています。しかし、簡単ではありません。

別役慎司の 殻を破らせる社員教育の秘訣

殻を破らせる社員教育の秘訣 別役慎司

 はじめまして。株式会社ASCEND FEATHER代表の別役慎司です。私は、俳優を育てる演技講師であり、俳優トレーニングをビジネストレーニングに応用させたパイオニアの研修講師でもあります。このコラムでは、どうすれば、社員を創造的で表現力にあふれ、個性的で人間力の高い人材に変えていけるのか、様々な角度から話をしていきたいと思います。

飯塚 吉純の ローコストで手軽に活用可能な「顔認識システムBeesight」

ローコストで手軽に活用可能な「顔認識システムBeesight」 飯塚 吉純

 手軽に活用できる顔認識アプリケーション「Beesight」を開発した経緯や、今後のビジネスに活用できる方法を紐解いていきます。

安田 政俊の 売上2番、生き様1番

売上2番、生き様1番 安田 政俊

 起業して、僕が最初にしたこと。多くの社長と同じように、それはスローガン作りでした。たとえば「売上げ30億円を達成しよう!」。初めは目新しくもあり、社員の気持ちをまとめてくれます。しかし、経営の状況は常に変化します。当然ながら違和感を持つ社員も現れ、言葉の求心力が失われる。するとまた新しいスローガンが必要となる……。まず思ったのは、果たして社長とは一生こんなことを続けるのか、という徒労感でした。

山中 一郎の 中堅企業にも求められる移転価格税制対応

中堅企業にも求められる移転価格税制対応 山中 一郎

 中堅企業の経営・管理に携わる皆様は、移転価格税制と言えば、名だたる超大規模企業だけの問題ととらえておられないでしょうか?

前田 出の 「教育で起業する」という生き方―協会ビジネス

「教育で起業する」という生き方―協会ビジネス 前田 出

 あなたがフランチャイズの本部になり、認定講師と言うフランチャイジーを募集・育成していくモデルです。販売する商品はセミナー。そして、「セミナー」と言う商品を販売する仕組みを作り上げていくことです。

堀越 総明 の 知らなかったでは済まされない著作権の話 vol.4

知らなかったでは済まされない著作権の話 vol.4 堀越 総明

 本コラムでは、IT技術の進展により、これまで以上に、映像、音楽、イラスト、文章など多くの著作物に取り囲まれている日常で、知らず知らずのうちに、誰かの著作権を侵害してしまい、多額の賠償金を請求されたり、会社の信用を失墜させたりすることがないように、著作権に精通した弁理士が、身近な話題を例にとり、著作権のルールやマナーをやさしく解説していきます。

門脇 純の 共感されるブランドをつくるPR

共感されるブランドをつくるPR 門脇 純

 昨今はメディア環境の変化が激しく、そして様々なメディアに情報が氾濫しています。今回は、メディア環境の変化を踏まえた上で、企業がどのようにPR(情報発信)をするべきか、について考えてみたいと思います。